ひたすら更新するアラサーのネット http://marcelloworld.org My WordPress Blog Wed, 19 Oct 2016 15:20:58 +0000 en-US hourly 1 https://wordpress.org/?v=4.4.8 生産性の向上を支援するマイナンバーサービス http://marcelloworld.org/?p=25 http://marcelloworld.org/?p=25#respond Thu, 29 Sep 2016 14:09:15 +0000 http://marcelloworld.org/?p=25 職場でマイナンバーを確立させるには、行政がどのように関与するかをしっかり確認する姿勢が大事です。

年金や健康保険に適用できるIDカードが誕生するため、企業のマイナンバーへの関心を高めていくことが重要となります。また行政が積極的に促していく姿勢を貫いていけば、制度を導入する意義や一括で済ませることができる可能性を考慮する部分が大切です。

マイナンバーを活用するための副次的サービスがすでに始まっていることから、本格的な内容が開始する前に状況を理解しておく部分が大事です。

個人に配布される番号を見ながら、納税や給与に関係する内容へ生かすことが重要です。

法人では便利なサービスに該当するため、公的機関の内容から振り返る方針が大事になってきます。

住民票を取得する際にも便利なマイナンバーは、役所で出向くことが難しい人にとってもメリットが出ているため、本格的なサービスを慎重に振り返る方針が重要となるわけです。マイナンバーのシステムの相談ならココです。

電子上の申請が便利な状態となり、身分証明書として活用する機会もこれから増えていくようになります。

マイナンバーのサービスをじっくり見ておけば、手続きの迅速化やカードに関係した側面がはっきりと見えてきます。
典型的な事例を担当者が確認すれば、希望に満ちた条件がはっきり見えてくる方向が誕生します。

基本的なサービスが理解できることで、確定申告の際にさまざまなメリットが出ていくようになります。

情報を人より早く把握する部分が重要です。

]]>
http://marcelloworld.org/?feed=rss2&p=25 0
マイナンバーのシステムについて http://marcelloworld.org/?p=21 http://marcelloworld.org/?p=21#respond Fri, 26 Aug 2016 04:26:25 +0000 http://marcelloworld.org/?p=21 会社でも対応が必要となるマイナンバーですが、これは国民総背番号制とも呼ばれていましたがすべての国民にひとつの番号をつけて、その番号を利用して社会保障や行政の処理を行うというものです。

ほかにも税金や災害補償の分野で利用されることになり、
それぞれの行政機関では書類などの確認作業を番号で行うことができるようになり、住所や氏名、生年月日などの重複した入力や確認作業がなくなり、手間とコスト削減がはかれるというものです。

マイナンバーは個人番号カードと通知カードというものがあります。
いずれかのカードを使用することになりますが、
まずは住民票住所に通知カードが交付されます。

これは免許証などの身分証明書などとセットで利用する方法となります。

そしてこの通知カードより個人番号カードの申請が行えます。
個人番号カードは身分証明書として利用することができるということ、
国民健康保険として利用することができる、各市町村のサービスを受けることができるなどメリットがあります。

会社はこれら従業員のマイナンバーを収集して管理をする必要があります。

個人情報にもあたるこの番号と本人確認を行った記録としてシステムなどに残しておく必要があります。

マイナンバーシステムを利用するためには使用する人を限定するなど必要となり、
セキュリティについてもウィルス対策のソフトを導入するなど検討しなければなりません。

やはり従業員が多い会社ではシステムを利用する方法となるため、
これら費用はかかりますが安全管理措置をとる必要があります。

]]>
http://marcelloworld.org/?feed=rss2&p=21 0
マイナンバー 管理代行システム http://marcelloworld.org/?p=17 http://marcelloworld.org/?p=17#respond Tue, 26 Jul 2016 09:32:04 +0000 http://marcelloworld.org/?p=17 マイナンバー制度が始まってからまだ日は浅く、庶民の生活に根付いたとはとてもではないがいえません。

けれどマイナンバーカードを提示しなければいけない手続きは多く、中小企業ならまだしも大企業ではとてもではないけれど捌ききることはできないでしょう。

もし万が一のことがあったならば、個人情報の保護がなっていないといわれてしまうのは企業ですから、
それを避けたいと考えるのは当たり前のことです。マイナンバーカードを企業に変わって管理するシステムと言うものがあります。

そのシステムは企業があらかじめ契約しておくことで、
従業員が各々マイナンバーをそちらに提出し管理、年末調整や源泉徴収票への記載など、マイナンバーに関する企業でやるべきことを委託できるというものです。

独自のマイナンバーシステムで動いているものが多く、管理代行において重要視される個人情報の漏洩やシステムへの不正アクセスなどが極めて難しくなっていることから、安全面は徹底されています。

このシステムを使うメリットは、何も大企業ばかりに限りません。アルバイトやパートなどの雇用者が多く、
人の入れ代わりが激しい職場での個人情報保護というものは非常に面倒です。

手続きをするべき書類の提出などを個人単位でやっていては、辞めてしまう人の個人情報の削除や契約手続きに追われてしまいかねません。
入れ替わりの激しい職場で、かつ人数が多いのであれば管理代行企業を利用することによって個人に提出を委ねられ、手間も時間も取られずに済むのです。

]]>
http://marcelloworld.org/?feed=rss2&p=17 0
マイナンバーの収集サービス http://marcelloworld.org/?p=13 http://marcelloworld.org/?p=13#respond Wed, 29 Jun 2016 01:07:35 +0000 http://marcelloworld.org/?p=13 マイナンバー制度が施行されたことによって、それぞれの企業では、従業員や外部の個人

事業主などにかかわる源泉徴収票や支払調書など、税務署に提出するものについて、
マイナンバーを記載しなければならないことになっています。

そのため、まずはこうした人々からマイナンバーを収集するといった業務が生じることになり、
これが企業としての通常の業務まで圧迫する要因にもなっています。

特に、源泉徴収票や支払調書の作成などといった事務は、年末から年度末に集中するものですので、
ふだんはなんとかこうした業務を乗りきれる企業であっても、季節的にマンパワーが不足してしまうといったことは、
いくらでもあり得ることです。こうした場合に、外部の情報処理サービス業社などが提供している、
マイナンバーサービスを活用するというのも、賢明な判断のひとつであるといえるでしよう。

外部の収集サービスを活用すれば、自社のスタッフをマイナンバー業務に割愛する必要がなくなりますし、
収集のための特別なシステムを導入したりする必要もなくなります。

こうした収集にあたっては、パソコン、スマートフォンのほか、
従来の紙ベースの届出書といった、さまざまなメディアが入り組んでしまうものですが、
専門のサービスであれば、それぞれのメディアに対応して、確実にデータ化することができますので、
たいへん便利であるといえますし、収集の際の情報セキュリティにも配慮されます。

]]>
http://marcelloworld.org/?feed=rss2&p=13 0
マイナンバーとBPO http://marcelloworld.org/?p=9 http://marcelloworld.org/?p=9#respond Wed, 01 Jun 2016 02:23:34 +0000 http://marcelloworld.org/?p=9 2016年1月からスタートしたマイナンバー制度は、社会保障や税の分野などでの効率化を目的に

導入されたものです。

行政手続きが簡素化できるので、国民にもメリットがある制度です。
マイナンバーは、住民票がある国民に割り当てられます。

基本的に、番号は一生変わることがありません。写真付きのカードを作れば、身分証明書としても使うことができます。

マイナンバー制度に必要な業務を、ワンストップで代行するのがBPOサービスです。

BPOとは、ビジネスプロセスアウトソーシングの略です。
BPOサービスは、大手のITベンダーより相次いで提供されています。

マイナンバー制度の開始によって、企業などの事業者は、源泉所得税や雇用保険に関する申告書などを提供する時に、
個人番号を帳票に記載する必要があります。

しかも、事業者は、特定個人情報を適正に取り扱う義務を負っているため、
セキュリティや組織体制などの観点から、様々な対策を立てる必要があります。

そのため、大規模な事業者でも、大量の情報の取り扱いのために、マイナンバー制度に対する対応を、信頼できる外部事業者に委託したいという需要が高まっているのです。

マイナンバーBPOがどこまで広がるか、興味を持って見ている人は多いです。
中小企業の事業者にとっても、リーズナブルなコストで委託できる環境が整えば、需要は高まると考えられています。

また、人事給与システムのクラウド化に伴って、BPOも促進されると言う人もいます。

]]>
http://marcelloworld.org/?feed=rss2&p=9 0
マイナンバーをBPOに依頼する http://marcelloworld.org/?p=5 http://marcelloworld.org/?p=5#respond Fri, 06 May 2016 02:13:22 +0000 http://marcelloworld.org/?p=5 BPOはビジネスプロセスアウトソーシングの略称で、自社の業務を外部のアウトソーシング会社に委託することです。この場合、

個人情報のかたまりとも言える、マイナンバーをBPOに出すのは、危険を伴う可能性があるのです。

BPOは、顧客の個人情報を管理し、個人情報は守秘義務であり、
漏えいしないようにしているのは当然のことなのですが、背任された場合や情報事故の場合なども、考えられるので細心の注意が必要です。

確かにマイナンバーなどの重要で面倒な個人情報の管理を業務委託してしまえば、
基本的な業務に没頭でき、企業の経営も向上するかもしれませんが、情報はお金で売買できる時代なので、BPOの質が問題となってきます。

万が一、マイナンバーの情報が何万件も漏えいしたら、その企業は信用を失い倒産してしまうかもしれません。

近代では、インターネットの普及やITの発展により、サイトに登録するのにも個人情報を要求され、ネット上に個人情報がばらまかれている時代です。

ある程度の個人情報の開示は仕方のないことなのかもしれませんが、マイナンバーは別問題であるような気がします。

マイナンバーは、行政の効率化、国民の利便性を高める制度なので、
与えられた個人番号に大事な情報が詰まっているため、情報漏えいは誰でも危惧するところなのです。

この制度は、まだスタートしたばかりなので先行き不透明な面もあり、この先数々の問題が懸念されているようです。

]]>
http://marcelloworld.org/?feed=rss2&p=5 0